犬は食料?韓国・犬食文化の現在

動物病院まっぷ トップ > 最新記事一覧 > 犬は食料?韓国・犬食文化の現在
更新日:2014年09月15日

犬は食料?韓国・犬食文化の現在

韓国の犬文化を語る上で無視できないのは犬食文化です。伝統料理でも犬肉を素材とした料理が存在します。

近代国家韓国に残る犬食文化


日本の隣国である韓国は、近年目覚ましい経済成長を見せています。近代化が進み、文化水準の高い国として認識されています。しかし韓国の意外な一面として、日本人には馴染のない犬食文化が残っていることをご存知でしょうか?

犬を素材とした伝統料理


韓国の犬食文化は補身湯(ポシンタン)などの伝統料理にも代表されるように、かなりポピュラーなものです。犬を3日間茹でて作ると言われている犬焼酎なども有名です。

犬食禁止令とその実態について


韓国の犬食文化については国内外で賛否両論となっています。かつてソウルオリンピックを誘致する際に、国のイメージを損なうとして犬食を禁止したことは有名です。しかし現在その条例はほぼ無視されており、年間200万頭分以上の犬肉が食用として消費されていると言われてます。

再度食用化する方針と反発するエゴイズム


ソウル市では近年、再度犬を食用化する方針が示されています。これに対し反発する動物愛護団体なども存在し、意見が対立しています。しかし動物愛護団体に所属する人でも焼肉を抵抗なく食べる人もいますので、牛は良くて犬はダメという、明らかなエゴイズムに疑問を抱く人も少なくないのです。

【タグ】